スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お届け物

ムフフン!!
今年の抱負は…
「ワーグナーのオペラを聴こう!」です。
何故ならば序曲が長くていつも本編にいくまでにうっかり睡眠するからだ。
どれくらい長いかというと。。。
アニメ「ドラゴンボール」前回のあらすじの長さくらい長いのだ。(もう意味がわからない。)

P2051039.jpg

ということで…
ワーグナーのオペラ全集ってヤツを購入したでござる。
なんと!ワーグナーのCDは一枚も持っていなかったのだ!
(DVDと録画しかなかった)


オペラなんだから…映像で見ろよーって話なんですけど。。。
前述のように、本編にいくまでにうっかり睡眠するので、CDで聴きまくってから
「どんなお話なのかしら~♪」
「あら!!このお歌はこんなシーンだったのね!」
という楽しみ方もありだよね。ウン。





そうそう…
クロネコさんが間違えて違うお家に届けてしまったそうで
箱が開いていて…
クロネコのお姉さんも申し訳なさそうに
「中身確認していただけますか?」って。。。

真面目っぽいCDでよかった(;´Д`)マジでー

これが乙女ゲー3本とか不謹慎なCDだったら。。。
ワタクシ、ハズカフィー!!!









P2051045.jpg

CD43枚入りで6500円!!いっぱい聴けてお買い得!!
紙ジャケットは作品ごとのイラストになっているのもgoodです。
(ワタクシよくごちゃごちゃにしてしまうので。。。)






そして!クラシック、乙女ゲーときたら…
金色のコルダですね♪(←強引)

年末に購入した「金色のコルダ」至誠館・天音学園をクリアーしました

天音学園に出てくる
冥加玲士さん…
PQ36O5MN1ceyeOpY8i6D2dNyf8lAtg45.jpg

彼には大変笑わせていただきました!
や~。。。この「天音学園」というのは
音楽教育に徹底した学校という設定なのですが。。。

この制服…白い学ランってだけですごいのに
彼は改造制服しちゃって、上着めっちゃ長いしw
襟とかも立てちゃって…それだけでも笑ってしまう上に!

台詞回しなんかもどこから来たんだーー!
ってくらい中世ですか??あなた冥王っすか??ラスボスなんすか??
…もしかして中二病なんすか??

高校生が「蛮勇」とか「断頭台」とか言うかよ!
と、彼が出てくる度にツッコまずにはいられない。
しゃべるだけで笑いが止まらない。

だのに…ワタクシ、冥加さんに対する萌えも止めることが出来ないっっw



彼は、ヒロインを憎んでいるのですが
(コレにも色々事情があって、ヒロイン自身も何故敵意を向けられているのかわかっていない)
でも、憎んでいるっていっている割に
ヒロインが気になってしょうがないぶりが大変萌えます。

「(ヒロインが)不幸になろうとも手放す気は無い」とか
「ヤツは俺の心臓」とか…憎んでいるっていってる割に…
それってさり気なくloveジャネーノ?!みたいな。


もしかして…これがツンデレってやつなの。。。か!!!

フムー…
ツンデレって女子ッコの特権だと勝手に思っていたけど
男子もありですね!非常に!!ウムウム。




かっこよくてテンション上がっちゃうよ!
さすがの我もこれでは眠らない…である。








にほんブログ村

スポンサーサイト
逢魔が時 | Home | 可愛さ自慢

コメント

No title

うひょー!
買いましたね、ワーグナー全曲!!
素晴らしい~~~パチパチパチパチ☆

私もワーグナー、つい眠っちゃうんですよね・・・(^_^;)
音楽聴いててキャッチ―なメロディーが出てきて、「おおっ!」と感じるとき、

<イタリアオペラだったら>
おおっ!→おおおおっおおおっっ!!→(音楽のウネリ+ノリ増幅)→ジャン!!

って終わるのに、

<ドイツオペラは>
おおっ!おおおー・・・おお・・・→(音楽のウネリはまだまだ延々と続く)
→おぅ・・・・ → zzzzz →(音楽はまだ続いている)

って、感じじゃありません?

でも、だからこそ、実はだらだら流すBGMにイイのかも?と思う今日この頃。
集中力がガッッ!!としているイタリアオペラだと、
ついつい引き込まれて聴いてしまって、作業が疎かになっちゃったりするけど・・・

ドイツオペラも(ワーグナーもそうだし、リヒャルト・シュトラウスも実は好き
なんです・・・寝ますけど・・・)、キャッチ―なメロディーは素晴らしいし、イタリアオペラにはない重厚感がたまらないところがありますものね。
マイスタージンガーはその中でも、音楽が比較的飽きにくいので(←酷い言い草
だけどw)、私も好きですよぉー。

あと、タンホイザーの「夕星の歌」とか、大好きだ―――。
イタリア男とは違う、真面目で誠実で武骨ですらあるゲルマン男の内に秘めた
情熱とロマンチシズムを感じて萌えます(#・∀・#)
(ああ、無言で後ろから抱きしめられたい!的な!笑)

タンホイザーは行進曲の合唱もいいんですわー(←学生の頃アマチュア合唱を
やってたので歌いましたわ、これ。ノリが良くて歌いやすい!)
序曲もよい!・・・長いけど・・・(←!)

・・・で、こういうお気に入り部分は手を休めて聴き入って、終わったらまた作
業に戻る、というBGM的使い方なのが、私とワーグナーのお付き合いでありますw
(←邪道・・・)

2016/02/07 (Sun) 07:12 | 縫い子 #- | URL | 編集
No title

まーさん、縫い子さん、かなりオペラに詳しいご様子~(;'∀')
うちは縁がなくて、一条ゆかりのプライドで興味を持ったくらいで・・・
ばらの騎士を以前TVで観たんだけど、面白かったのか、
どうなのか結局わからず・・・
ついついルディ先生はこういう感じで歌ってるんだな~
なんて照らし合わせながら(^^ゞ、観てましたよ。

知らないだけで、聴きだしたらハマっちゃう楽曲あるんだろうなぁ。
まーさんおススメの初心者向け♪の、何かありますか?(^O^)/

2016/02/07 (Sun) 07:51 | さこみん #1PZm9NyU | URL | 編集
縫い子さんへ

うへへ~買っちゃったー!

そそ…!
ヴェルディのオペラをうっかり作業用に使ってたのですが…
特にお気に入りのヤツとかは、一人盛り上がり。。。
役になりきって眉間にしわなんか寄せたり、
切なくなってうるついたりして!
全然作業が捗らないことに気づいてしまったのです!!!

で…お話を知らないヘンデルのオペラにしてみたら
「大変捗る!!おまけに曲も覚えるぞ!!素敵♪」だったので
ああ!コレならば今までうっかり睡眠していたワーグナーもイケるはずだ!!
と。。。

早速、妖精から聴き始めております。
てか、ワーグナーみんな3時間越えばかり揃っていますな。。。

ああ!!縫い子さんのコメントで寝てしまうわけがはっきりわかりましたよ!!
そうそうそう!!まさにそれだーーー!!!
だから、毎度寝ちゃうんだね。。。
…理由がはっきりわかって勇気が何故だか沸いてきたッ!!
これでワーグナーも攻略(?!)出来そうだわ。

早速タンホイザー、聴いてみるゾ-!!
…全然ワーグナー聴いてないのぅw
観たのは、ローエングリンとさまよえるオランダ人
ワルキューレ(←途中で寝てしまった…)って感じですσ(^◇^;)
ドイツ男子の素敵さもワタクシも味あわなくてはナー!!


そして。。。
イタリア男子の情熱暑苦し系も大変愛らしくて好きです!

結構好きキャラなのが。。。
「マリア・ストゥアルダ」のレスター伯だったりして(・∀・)
レスター伯ったら…エリザベッタの前で
彼女の恋敵でもあるマリアがいかに素敵な女子ちゃんなのか語っちゃたりして!
そういう単純でちょっと残念な子犬ちゃんキャラなところに萌えますw
彼自身のエリザベッタへの想いは優秀な上司に対する親愛といったところなのでしょうが。。。

2016/02/07 (Sun) 18:43 | まー #- | URL | 編集
さこみんさんへ

オペラ面白いですよーー!!

ワタクシも興味を持ったのは…
どこかで聴いたクラシック~的なシリーズからなのですよ!
歌が入っている方が断然楽しくて聴きやすい!!なんて思って
お話はどんなのだろうか?とそこからオペラに入りました。

ああ!すっごくワカリマス!
ワタクシも1番最初「ばらの騎士」観たときは
「フ、フ~ン…そうなんだー」って感じでしたもの。
ついつい初見は表面ばかりやストーリーを追いがちで
(また文化が違うので、そちらへの違和感なんかが最初に気になってしまったり)

マジでやつらすぐ決闘するのな!!とか血の気多いなーとか
そんなことばかりつい考えてしまうけど
これはまた、当時の文化だと、何作品か観ると慣れて仕舞うというか
自分自身「ここは決闘でしょう!!」という風になってくるので(笑)
物語の本質も、登場人物の感情もこちらへやってきてググッと!面白くなってきます!

お勧めは…
やはりココは「椿姫」かなー!
お話も面白いし音楽もイイ!主人公が女性なのも感情移入しやすいです。
オペラは観たことはなくとも
「乾杯の歌」など知っている曲がいっぱいあると思いますよ!

あとは…「蝶々夫人」もお勧めしたいのですが。。。
これは映像があんまり良いのがなくて
(多分、日本を勘違いした映像に違和感を感じてお話に集中できないかも)
でもでも八千草薫さんが演じた映画版なら手放しでお勧めです!!
八千草薫さんが演じる蝶々夫人が可憐で愛らしい!

あとは、「オテロ」も!
お話がとにかくイイ!なんたって原作はシェークスピア!
悪役がこれまたイイ味出しております。

そして悪役がカッコイイとなると…
「トスカ」もお勧めです。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」も短めで観やすいし
お話も現代的というか…三角関係、痴情のもつれ!系なのでわかりやすいです。
トゥリッドゥをぶん殴ってやりたい…そんな気分になりますw

って!色々語りたくなっちゃうー!危険!!(;´Д`)

2016/02/07 (Sun) 19:27 | まー #- | URL | 編集
No title

まーさんのおススメ、いろいろとありがとうございます(^^♪
トスカの「歌に生き恋に生き」は知ってるんですよ(プライドの影響ですが・・)
ちゃんと観るならやっぱり椿姫、トスカ、オテロでしょうか。
蝶々夫人、むかしTVで観て違和感を覚えた気が・・・
その時は気づかなかったけど、そっか~日本文化をカン違いしてるから、
なんですよね~
八千草薫さんもググってみましたよ。
日本文化の描かれ方に業を煮やした日本映画界が、
イタリアと協同で制作した画期的な「映画」、とありますね!
へえ~知らなかった、それは興味そそられます♪
カヴァレリア・ルスティカーナは初耳でした!
「間奏曲」を聴いてみたらきれいな曲ですね~
・・そうか、Rockも大好きだけどたまに癒しの曲、
聴きたくなるんですよ!(サラ・ブライトマンとか)
オペラもこれから積極的に聴いて観てみようかな!
参考になりましたヨ♡(^O^)/

2016/02/07 (Sun) 21:48 | さこみん #1PZm9NyU | URL | 編集
No title

こんばんは。私も遅ればせながらコルダ神南の方をプレイ中なのですー。次は至誠館かラスボスが居る方と
どちらをプレイすべきか迷っておりましたが・・・冥王が一番最後の方が大笑いできそうですね!楽しみですー。
オペラは、前にご紹介されていた「オペラギャラリー50」という本でしか知らないのですが、あらすじ読んでいるだけでも
凄い突っ込みいれまくってしまいます。ブログ拝見していると一度ちゃんとオペラを観てみたくなります(*^-^*)

2016/02/07 (Sun) 22:15 | こんぺいとう #rRqh6Cps | URL | 編集
さこみんさんへ

イキガッテ通な感じで…
お勧め!とかぶちかましたかったのですが(・∀・)ウフフ!

YouTubeだと…
日本語字幕付き<トスカ>がありますね!
https://www.youtube.com/watch?v=6tT6ZIHrYtc

椿姫はAmazonで1000円くらいのBlu-raydiscがあったりします。
BS契約をされていれば、日曜日の深夜ですが
NHKBSプレミアムシアター
http://www4.nhk.or.jp/premium/
オペラを放送することが多いのでチェックされるとよいかも!
(早速今週は…「金閣寺」という渋めのセレクションですが。。。)

八千草薫さんの蝶々夫人は、ホンット愛らしくてよかった!
違和感無く、お話に没頭できました!
(赤ちゃんが蝶々さんに対して、デッカイのだけは…笑っちゃったけどw)

カヴァレリア・ルスティカーナは間奏曲がすごく綺麗なのに
お話がドロドロしていてギャップがすごいですw
以前は「美しい曲だ!」と思っていたのに
今では「トゥリッドゥのヤツめ…!」とか思っちゃうw

ロックが好きな人は、
オペラも好きだとワタクシ思っております!!
どちらも熱い魂の迸りを感じますからね!!
是非、オペラもガツンと聴いて観て!ください( ̄∇ ̄)

2016/02/09 (Tue) 17:27 | まー #- | URL | 編集
こんぺいとうさんへ

おぉ!!ヤッテルナー!!
オペラ曲も入ってるので、ついつい選びがち(笑)

千秋さんの様な(某テニプリっぽい…)
オレ様キャラは以前は苦手だったのですが
最近はオレ様キャラになりきる(憧れる)的な視点になったので
大好物になってしまいましたぞー。
オレ様になりたい(爆)

至誠館は地味だなーとか思っていたら
とんだ伏兵でございましたよ。。。
どの方も大変萌えました。
他二校と比べて普通の学校なので、青春!って感じがビシバシ伝わってきて
ファーストプレイの時はお恥ずかしながら、うるっときちゃいました。
新キャラも大変大変イイ!!
とんでもないドSキャラ&独占欲ツヨイ系の…彼。
…ゴチです!!!って感じでした( ̄∇ ̄)

天音はやはり変わり者だらけでぶっ飛んでてよかったw
その中で常識人如月弟(常にツッコミ役w)が輝いていましたね!
もちろん、ラスボスは大変美味しくいただきましたぞー!
是非、こんぺいとうさんにも一緒に萌え悶えて欲しい。
あんなに笑えるのに萌えられるキャラってなかなかいないと思うw

イヤハヤ…
乙女ゲーム好きはオペラも好きと思うのよ。
なんたってあの恥ずかしいレヴェルの「愛のささやき」が大好きなんだもの!
オペラも、恥ずかしWordを探しまくって、実践に取り入れたい!とか思っております。←マジで!

2016/02/09 (Tue) 17:49 | まー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。